遅くなりました

僕がお店に立っていた時に、あるお客様から

「自分はヨーロッパ製のスピーカーが好きで、特にソナスファベールや元ソナスファベールのフランコ・セルブリンのスピーカーが好きで、こう言ったスピーカーで使われて居るようなユニットを使ってコストパフォーマンスの高いスピーカーは作れないでしょうか?」

と言う質問を受けました。

ソナスファベールと言えば、ScanSpeakやDYNAUDIO、seas等のスピーカーユニットを今まで採用して来ていたのは何となく知っていたので、このお客様の話を伺いながら、15W8530K00とD2905/9700の組み合わせをお勧めする事にしました。

これは、ご希望のスピーカーの概要、特にフランコセルブリンのスピーカーがお気に入りであると言う事から、このスピーカーを見るとウーファーは15W系のスリットコーンのウーファーの特殊仕様版であると思われるのでこれと、スタンダードながら非常に良質なソフトドームをツィーターD2905/9700を組み合わせるのが良いのではないか?と思った為です。

通常、細かいネットワークの設計等までは請け負わないのですが、今回たまたま僕自身が、これと同じ組み合わせのユニットを手持ちで持っていたので、Blogのネタにして良いと言う条件でネットワークの設計を行う事にしました。

もう少し早く設計に取り掛かるつもりだったのですが、いろいろ雑用がかさんで大分遅くなってしましました。

ごめんなさいKさん。

と言う訳で、次回のブログ更新で具体的なネットワークの設計を解説して行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>